マイツの部屋

陰キャのための音楽ライフ

SAMURAI_サカモト教授 今日は楽しくポップな音を楽しみたい

めちゃくちゃ頭に来てしまった次の日って、「昨日は、なんかすんませんでした...」という気持ちになりません?誰に対してってわけじゃなくても、何だか大人げなかったなーみたいな、腹を立ててしまった自分を少し恥じるような。

ということで、あれだけ怒りに湧いてしまった次の日は少し冷静に。ぐっと気分を変えて、ポップで楽しい優しい音楽を楽しみたい、なんて思いましてね。

 

こういう時ってインストをよく聴くんです。歌詞が無い分メッセージ性を弱められるというか、あまり感情を言葉として揺り動かされることなく、音の世界観にのんびり浸かることが出来る贅沢な時間。

 

サカモト教授ですよ。「坂本龍一」もしくは「教授」ではありませんからね。

 

サカモト教授のオリジナル曲SAMURAI。8bitの世界にどこか懐かしさを感じつつ、無邪気にゲームを楽しむような心で、楽しいひと時を。


www.youtube.com

 

サカモト教授、ご存知でしょうか。超有名なミュージシャン、というほどの知名度ではないと思いますが、ニコニコやゲーム音楽が好きな人はご存知の方も多いのではないでしょうかね。

頭の上にファミコンを乗せ、キーボードを巧みに操り、ゲーム音楽を華麗に演奏してみたり。「ラーニング」と題して初見曲を耳コピして演奏に至るまでの作業を生放送・実況してみたり。

 

ゲーム音楽の魅力というものはもうあちらこちらで語られている通り。音楽そのものとしても非常に練られた一つの芸術作品である上に、ゲームそのものの内容、感動、プレイ時の想い出、それを誰かと共有出来る魅力まであるという。その美味しさは倍率ドン!更に倍!

元気玉、と称して良質なゲーム音楽のカバーをメドレー方式で仕上げた動画もありましたね。あれは本当に感動物の出来でした。

 

このサカモト教授、実は実物を見たことも有りまして。近所のショッピングセンター的な、イオン的な所でインストアライブが開催されましてね。当時は元気だったパートナーと楽しく見に行ったものです。あぁ、そんな想い出も有ったなぁ。

 

そんなゲーム音楽と8bit的な音を自在に操るジョブマスター、サカモト教授が作成したオリジナル楽曲がこのSAMRAI。

独特の8bit感をしっかり持たせつつ、決してそれだけではなく現代的な音もMix。ゲーム音楽の十八番とも言える、脳内にシーンを再生してくれるような描写性豊かな展開も挟み込み。

あー、あの音楽みたい!とほっこりしてしまうようなオマージュもちらほら。メインの音像をキープしつつ、ドラマチックに展開していく楽曲。あまり深く考えず、ライトに聴いて、良いね!という気分にさせてくれる。

 

ただただ楽しく、気持ちの良い気分にしてくれるために存在する音楽。

 

こういうのも、とても良きですよねぇ。SAMRAIはアルバムSKMTに収録されている曲となっていて、他に収録されている曲もそれぞれに趣きが有って良い感じですよ。

そしてこれは特典ボーナスCDだったか?別のアルバムという形だったか?記憶が曖昧なんだけれども、このSAMURAIのピアノverがありましてね。これもまた...非常に良いんですよ。ニコニコで生放送していた頃の、あの感動が脳内で再生されるようで...

 

 

ちなみに、昨日のオーラを引きずっているのか、今日は何だか妙に「怒ってませんか?怖い怖い」みたいないじられ方をして、ちょっぴり凹んだ冬の夜。

SAMURAI

SAMURAI

Extinction overkill_RAGE 屋上へ行こうぜ...キレちまったよ...

いやぁ、タイトルの通りでしてね。嫌ーなことが、有ったんですよ。ホントに嫌ーなことがね。あーしてこーしてそーして〇して△してやりたいくらいに怒り狂った今日この頃。

とはいえ私は刑務所のお世話になりたくはないのでね。何もしませんよ。手は出しませんよ。大人の対応をしますよ。いや、まぁド正論で黙らせるくらいの過ちは犯してしまいましたが...

というわけで、そういう日はバチクソメタルを聴かないと、こちらが〇んでしまうんですよ。

 

大至急、超絶どちゃくそメタル骨太メタルを用意してください!

 

もう困った時にはとにかくこのお方!ドイツの巨人ピーヴィー率いるRAGEのExtinction overkill。爆音で行くぞー

エクスティンクション・オーヴァーキル

エクスティンクション・オーヴァーキル

  • Rage
  • メタル
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

もうタイトルだけで一発KOですよ。Extinction overkillですよ?

 

Extinction (=絶滅)がoverでkillなんですよ?最高かよ。

 

リンクのサンプル30秒はオープニングがちょっと進んだところなんだけれど、もうとにかく曲が良い!暴れるサウンドに身を任せればそれでok!

オープニングは「さぁ行くぜぇ~」と言わんばかりのワクワク感たっぷりの前フリを用意し、キックのリズムで一旦落ち着かせておきつつ、メロディアスな美しい旋律をお届け。

 

アルバムのラストを飾るにふさわしい、エンディングの演出をしたためたところで、疾走爆走の激重メタルが始まります。

しかし一旦疾走したところで急停止。ザクザクのギターを尻目にピーヴィーの歌声を聴くターンが用意されている。ここで一旦タメを作っておいて、そこからまた超高速ダッシュが展開されていく。

 

まるでジェットコースターのように緩急を使い、展開を使い、あらゆる旨味を間髪入れずにぶちかまし、押し寄せる爆音でこちらの全てを吹き飛ばしにかかって来るような迫力がある。

最高のメタルによって、己の邪念も、怒りも、何もかもが打ち消されて行き、至高の音と昂りに置換されていく。

 

あぁ...これぞ神々の所業。尊い...

 

楽曲がスーパー超高速ギターソロになだれ込む頃には、こちらはまるで赤子のような純粋な魂で、ただただ神聖なる音を摂取するだけの存在となる。

クライマックスと共に繰り返される怒涛の「Extinction overkill!」の嵐。もう楽曲もこちらもここまで来たら止まらない。炸裂するサウンドに身を任せ、5分足らずの僅かなエンペラータイムを満喫して、本日はお開きとなります。

 

ちなみに、歌詞については結構真面目で、考古学等に造詣の深いピーヴィーらしい、本当に絶滅の危機のような物をモチーフにしていると思われます。

 

 

いやー、整った整った。良いメタルでした。しょうがない、今回だけは許してやらぁ。

人間の歌_ピアノゾンビ いーいーなーいーいーなー、にーんげーんって...いいかなぁ?

そうだ、ピアノゾンビ聴こう。そう思ったんです。そんな日ってあるよね?まぁ決して楽しいばかりの日々ではないからさー、良質のパンクでも聴こうと思って。

めちゃくちゃノリノリのご機嫌な曲でも聴いちゃうかな?

ぴりっと風刺の利いたイカした曲でも聴いちゃうかな?

くすっと笑っちゃうような大王のお言葉でも聴いてちゃおうかな?

そんなこんなで思っていて、何となくかかったのがこの曲なんです。

 

なんでこうなった。この曲は、最近のナイーブめな心の私に効く。

 

ピアノゾンビの人間の歌。アーティスト名、タイトル、ジャケット。どれを見ても悪ふざけのように思えてしまいそうなこの曲。各々方、ゆめゆめ油断めされるな。

人間の歌

人間の歌

  • ピアノゾンビ
  • J-Pop
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 

そこにひっかける意図が有るのか無いのか解らないけれど。自分としてはこの曲を聴くと、人間っていいな、を思い出す。

くまのこ見ていたかくれんぼ~♬で始まるやつ。

良いな良いな、人間って良いな♬

美味しいおやつにほかほかごはん、子供の帰りを待ってるだろな♬

楽しい動揺ですよね。お子様が歌うことにぴったり、文句なしのほっこりソング。

 

でも、現実って...そうとは限らないよね?

 

この曲では、ストレートにこんな言葉が歌われる。

 

もしも人間になれたら~ 消えたく~なった夜も~♬

誰にもあえない夜も~ 誰か~居るんだろ~?

 

いやー...居ねぇパターンの奴も居るのよ...

 

いいないいな、人間っていいな。

家に帰ればあったかい生活が待っているんだよな?

誰かが帰りを待っててくれるんだろう?

そうなんだろう?

どこに居るんだよ...誰が居るんだよ...帰る場所なんて無いだろ...

人間っていいんだよな?そうなんだよな?自分は人間じゃないってのかよ!?

 

おぉっといけないいけない。この辺にしときましょう。

とにかく、虚しさ、悲しさ、やるせなさみたいな。どこにもやり場のない、何とも言えない想いを爽やかで、綺麗な楽曲に載せて歌う。

 

そして一番のポイントが、やはりこの歌声です。以前にもご紹介したことがありますが、とても特徴的な歌声。

綺麗で美しい歌声を求める人には合わないかも知れない。けれど聴くほどに味が出る、旨味のある、めちゃくちゃエモい歌声。この歌声が、叫ぶように、嘆くように、この歌を唄う。必死に訴えかけて来るように、この歌を唄ってしまうんでよ。

 

もう...感情移入して泣いちゃう。

 

貼ったリンクで流れる30秒間。毎回言うけれど、この30秒間は意図した部分を切り取っているんだろうか。歌詞が重ねられて、想いも高まって、今正に核心に触れようとするその瞬間!を流すニクイチョイス。

 

そもそも歌い出しの歌詞は、「幸せ...落っこちてないかな...」

解るぞ...解るぞぉ~その気持ち!!

Spit it out_Slipknot 奇抜なマスク姿...と、いうことは?(もうお解りですね)

ロックを多少ご存知の方であれば、もう知らない方はおらぬであろう、もはや生ける伝説、Slipknot。いわゆる「ノットフェス」ということでもご存知な方も多いでしょう。

自分はメタルの森で生まれ、メタルの妖精と育ち、メタルの空気と水を飲んで生きて来た民なので、Slipknotという存在に触れ馴れているんですけどもね。あらためて初心に帰って映像で見てみて思ったんですよ。

 

何も知らない人がこの映像だけ見たら...大分やべぇなこの人ら。

 

本日はそんなSlioknotのSpit it out。Slipknotという言葉の意味は、縄の縛り方を指しているようですね。絞首刑とか、動物を捕獲する時に使う、引けば引くほど締められていくという...やっぱやべぇな。


www.youtube.com

 

ご存知ないという方も居るかもしれない。さらっと、本当にさらっとだけSlipknotという存在についてご紹介を。

 

メンバーは9人居ます。うん、既に普通じゃないね。音楽や映像から解る通り、ターンテーブルとかも有りますのでね。

全員マスクを被っています。うん、これもまた普通じゃないね。でも日本だって、悪魔達が結成したバンドだったり、狼と人間の究極の生命体のバンドだったり、色々なバンドが居ますからね、まぁそんな方々も居るよね。

ジャンルやカテゴリー分けはいつもの通り、諸説あって解らん。ミクスチャーとかモダンとか色々ありつつ、まぁその辺の楽曲ですわ。

 

MVのオープニングからして、まぁ怖いですね。バンド名からして、猟奇的な、ダークな要素があることは間違いない。

とはいえその音については実に多彩。ラップな雰囲気あり、ミクスチャーな雰囲気あり。ダークで重くゴリッゴリ、なんていう一辺倒な音楽ではなくて。色んな人が美味しく味わえるような凄みに溢れております。

 

メタル的な音が好きな人には、ヘヴィで重い音が答えてくれるし。クールな音が好きな 人にも響くようなスタイリッシュな音だって入っている。ラウドでモダンな雰囲気だって纏っているし、ドラムとは別にパーカッションが居ることで、独特のノリ感や雰囲気だって付いてくる。

 

Slipknotがどんな音楽か?あー、うん、彼らは...Slipknotだね!

 

という結論になるわけです。

 

このSpit it outにしたって、ラップからスタートしたかと思いきや、ハードなザクザクギターがお出迎え。重いリフの旨味をぶち込んで来たかと思いきや、ヴォーカルはいつの間にかクール側に引き込んでいくし。

次のターンが来たかと思いきや、ミクスチャー全開のイカした展開へ切り替わり...からの激重リフの再来。ラストへ展開していく部分のゆっくりと力強く盛り上げていく部分なんて、ゴリゴリのメタル感があるしね。

全編を通して+αされているパーカッションが軽快なノリを担保することで、重苦しくギチギチになり過ぎない清涼剤のように効いてくる。

 

いつものことだけどさ。何の予備知識もなくこの姿を見れば、おかしな見た目で振り切った音楽をやっていそうに見えてしまうけれど、やっていることはキッチリガッチリとした精巧な音楽の構築なわけで。何度も言うけれどホントにこれですよ。

 

見た目やばい奴の音楽はガチ。むしろほぼ確で計算し尽くされた正統技巧派よ。

Spit It Out

Spit It Out

  • provided courtesy of iTunes

 

ハイにナルマデ_猫曼珠 なんだこれは...圧倒的ではないか!!

先日、メタル界のドリームチーム、Dream Evilの楽曲をご紹介しました。良いですよねぇ、色々なバンドのトッププレイヤー達が集まって、とんでもない物を作り上げてくれるワクワク感。

すげぇなぁ、日本にも、そんなドリームチーム、居ないかなぁ。

 

居ますよ?お客さん。

 

刺さる人には魂の真芯にぶっささる、好きな人にはたまらない超絶スーパーロックサウンド。最強の漢達が集まった猫曼珠のハイにナルマデ。マジで音が圧倒的なんよ。


www.youtube.com

 

快進のICHIGEKIからヴォーカルのコータ。

NOCTURNAL BLOODLUSTからギターのCazqui。

SEX MACHINEGUENSからベースの我らがSHINGO☆

Unlucky Morpheusからドラムの森下フミヤ。

はい、もう最強ね。

 

まず聴いてくださいよ、この音。最高にカッコいいし、最高にお洒落よね。メタルやラウドの空気を纏いながら、嫌な泥臭さも臭みも全く無い。芳醇な香りが漂うような、華やかさが散りばめられた音。なのにクソ重いって、こんなの反則です。

 

映像のギタープレイからも解る通り、このギターのCazqui、天才系です。いや、何か安っぽい表現で申し訳ないんだけれども、センスの塊というかね。もう曲の構造がえぐいんですよ。

ラウドロックだよね、ヘヴィメタルかな、モダンロックかな、なんて雑なくくり方を許さない、「彼らの音」というジャンルを構築するタイプ。重いようで、華麗なようで。激しいようで、優しいようで。

音効なんかもふんだんに使って、散りばめられた様々なピースがカチッとはまった瞬間に最高の音に飽和される仕掛け。

 

昨今の重いロックを究極にキャッチーに仕上げた、理想形の一つですよ。

 

これを可能にしたのがヴォーカルの歌声。これまた良い歌声ですよねぇ。かっけぇ。デスヴォイス系の歌い方から、重め、激しめ、クリーンまで、あらゆる領域でハイスペックな歌声を出してくる。

楽曲全体のこの仕上がりを可能にしているのがこの歌声の凄み。鳴らす音は実に煌びやかでキャッチーに寄せておきながら、この歌声一発でラウドゾーンに引き込んで来るなんて場面もあって、これまた反則ですよ。

 

劇的な展開になるような場面転換もバッチリ差し込んで、超絶ギターソロもたっぷり聴かせてくれて、もう百点満点最強の仕上がりなんだけれども。活動の詳細とかは追えていないんだけど、今は活動して居ないんでしょうかねぇ。

本当に残念というか。このバランス感が大好きで、ストライクゾーンど真ん中っていう方は結構多いと思うんですが、いかがでしょうか。

 

 

 

しかし...真面目にしてるSHINGO☆って、やっぱりバチクソイケメンよなぁ。全力全開の姿も大好きだけれどね。

チラシの裏_024 暮らしを楽しむ、という生き方

最近、「暮らし」というキーワードに強く惹かれるんですよ。昔からそういう癖はあったんだけれども、人々がどんな暮らしをしているか、に強い興味があるんです。

 

旅行に行けば、その土地の人々はどう暮らしているのかな?と想いを馳せる。

歴史を紐解けば、その時代の人々はどう暮らしているのかな?と想像する。

海外に目を向ければ、そこでどんな日常が繰り広げられているかを知りたくなる。

 

暮らしって独特の雰囲気というか、空気を纏っていますよね。文化ともまた違う。日々の日常、どんな食べ物があって、どんな調理をして食べているか。生活の周りにはどんな動物達が居るのか。毎日どんな風景を見ているのか。

 

近頃はYouTubeで、地名を聴いてもどこなんだか全然解らない、世界のどこかの暮らしぶりを、淡々と流している動画をひたすらに見続けています。

そりゃあYouTube動画としてある程度パッケージされている、ということは理解しているけれど。解説も、字幕も、ナレーションも、音楽も無いこの手の動画は非常に面白く感じて。

へーそんな野菜があるんだ。こんな食べ方するんだね。電気は有っても熱源は薪なのか。おーそっちは電気オーブン使うんかい。猫はそっちも同じ見た目の猫なんだねー。とか。

 

 

翻りまして。自分の今後を考える時に、「暮らし」を楽しみにしているな、ということに気が付いた。お金の使い方はこうしよう、生活費はこれくらいで収めて行こう。畑では手間、味、収量を考えてこの辺の野菜を作ろうかな。トレーニングはこんな感じのメニューにして、栄養はこんな感じで獲って行こう。

凄い普通のことだよね。大きなイベントがどうこうでもなく、何かを成し遂げるということでもなく。みんなが普通にやっていること。けれどあまり意識せずにやっていることではないだろうか。

 

自分がそうだった。幼い頃はもう、生活を与えられているだけだったし、社会人になってからは仕事に人生のイベントに精一杯。何か美味しいものを食べる!ということに意識を向けることはあっても、日々食べていく物にはあまり意識を向けていなかった。

仕事を頑張って行くために、生活は二の次というか、不随してくるおまけ扱いというか。生活するために仕事をするのに、仕事をするために生活をしてしまうという状況。

仕事に情熱を注ぐのであれば、それも悪いことではないけれど。少なくとも今はそういう状況ではなくなってしまうわけで。ならば生活に情熱を注ぎたい!

 

いや、ホントにすげー普通のことだな。でも、今の自分を支えている幸せだったころの思い出は、なんのことはない、普通の日々の記憶なんですよねぇ。どこへ行った、何を食べた、というイベントも素敵だけれども。話す相手が居て、同じ物を食べて、一緒に何かを楽しむことが出来た、あの超絶幸せな日々。

 

さて、アゼルバイジャンの朝飯でも見るか...(さすがに毎朝こんなに食わんやろー)

youtu.be

Mickey_Zebrahead Panty Raidという最高であたおかな企画ネーミング

時代は時短。結論は初めに簡潔に述べよ。動画再生は倍速が当たり前。ファスト時代。高速消費時代。

というわけで、言いたい事はとにもかくにも先に述べてしまいましょう。

 

女性ヴォーカル楽曲のカバーアルバムのタイトルがPanty Raidって、ヤバくね?

 

みんな大好き最強のパーティ野郎、Zebraheadのカバー企画Panty RaidからMickey。もう深い事考えず、テンション上げて行きましょう。

Mickey

Mickey

  • provided courtesy of iTunes

 

このPanty Raidは女性ヴォーカルの様々な楽曲をZebraheadがカバーしていったアルバム。企画としては結構色んな人がやってますよね。エレカシのミヤジだったり、徳永英明だったり、デーモン閣下だったり。男性の歌旨アーティストが女性の楽曲をカバーすることは割と鉄板企画だったりします。

 

けれど...タイトルがPanty Raidはないでしょうよ!

 

最高にイカしてると思うし、お洒落だと思うけれど、コンプラコンプラうるさい現代から見るとちょっと心配してしまうよ。

日本で例えたら、イカツイ兄ちゃん達のHR/HMバンドが『おぱんつ頂戴!』ってなタイトルでアルバム出して、AKB~安室奈美恵和田アキ子まで、ガッツリカバーしちゃうってなもんでしょう。そう考えると...やってることえぐぃな。

 

 

もちろん、楽曲の方もしっかりとイカしてますよ。音を聴けばみんなが「あーはいはいあの曲だ!」となるはずの、誰もが知ってるあの曲がカバー元。チアガール的な、少し古いけれどゴリエちゃんの曲というイメージもありますよねぇ。

原曲の雰囲気はもちろんそのままに、これはZebraheadの曲だよ?と言っても違和感ないくらいの仕上がり。複数ヴォーカルで掛け合う感じ、持ち前のパーティ感が原曲とぴったりフィット。

そして冒頭から聴いていくと、とにかく速い!倍速再生か?と思っちゃうくらいに高速なテンポに載せて、ラップヴォーカルがスルスルと駆け抜けて行く様は快感しかない。場面に応じてヴォーカルが攻めるところ、バンドサウンドで攻めるところ、としっかりメリハリが効いているし、バッキングのギターはしっかりとロックしている。

 

Zebraheadはとにかく車で流すのにおススメ。陽キャパリピな仲間達とウェイウェイしながらオープンカーでバカンスに向かう気分で盛り上げて行こうぜ!

 

この際、それが医者通い帰りの独りぼっちな車内である、という切なすぎる現実には...目をつむりましょう。それが大人のマナーです。